入院

★ Happy Thanks Giving ★
a0218046_8493197.jpg


アメリカがサンクスギビングで、やれ年に1度のビッグセールやらと賑やかなのに対し、私はというと. . .

実は22日火曜日の夜から入院しておりました。(汗)

22日火曜日、いつもの息子のクラスが終わり、その日は結構な雨だったのに家でゆっくり。
またもや数日間家を空けていたパパさんが、夜久しぶりに帰って来て息子をピックアップ。
サンクスギビング、息子はパパの実家に滞在予定で(パパはパパの実家近くの病院のインタビューがあったため。)私はその間数日間一人の時間を貰い(なかなかないですからね。更に2人目出産したら尚更。これが最後のチャンス。)出産準備などをしようと思っていたのですが. . .

パパが息子を連れて行って、私は一人になり、嗚呼ちょっと眠いと思い珍しく早めにベッドでうとうと. . .

夜10時にお手洗いに行くと、な、なんとそこにはおしるしのような鮮血が!

思わず自分の目を疑う。

私:『まさかまさか. . . これはもしやおしるし?随分と早くないか?まだ予定日の2ヶ月前だぞ?』

しかし出血があったら必ず病院に来て下さいと言われていた私は、雨が降りしきる中、財布と傘だけを持ってそそくさと病院へと急ぐ。

幸い病院から近い所に住んでいるので、雨の中傘をさして徒歩でてくてく。

とにかく、この血が一体何なのか私は知りたかったのである。
何かあってからじゃ遅いのでね。

第1子(長男)の時の出産記録
予定日:3/29/2009
出産日:3/14/2009
朝9時頃:破水→おしるし
破水しながらものんびり栗&芋饅頭とお茶を飲み食いしながらシャワーを浴びる。
午後:そろそろ病院でも行くか?と徒歩で病院へ。
陣痛がないので病院内で水を持たされ椅子に座って待たされる。
本格的な陣痛が始まったのって確か3時?4時?何時だろう?
時計も見てなかったし、陣痛が始まるのは結構遅かったような気がします。
陣痛が始まってから吐きまくりでそれが辛かった. . . 。
陣痛の痛みでバケツにいっぱい大量嘔吐したようで、嘔吐が止まらず嘔吐するたびに羊水と血が混ざってザザーッ、ザザーッと出てきてまるでホラー。
私はひたすら、この吐き気を止めて下さい、とか言ってたもんな。
緊急帝王切開だ!とドクターやナースが沢山来て部屋の中は人だらけ。
私は疲れ果てて途中で意識を失うように寝てしまった。(寝た事すら覚えておらず。)
起きたら午後7時過ぎ、ナースもドクターも誰もいなかった。
部屋にポツンといたのはパパだけ。(笑)
まだおなかが痛いので一人でひたすらふんばってみる。
そこにナースが来て、私のお股を見て『あら、もう髪の毛が見えてる!出産の準備をしましょう!』と言われる。あれよあれよと言う間にドクターやその他の方々が来る。
ナース:『もう頭(髪の毛)が見えてるけど、これから出産に何時間かかるかはあなた次第』
私:『おなか空いた』
ナース:『出産するまで食べれないよ』
私:『くそっ』
食べ物が絡んだせいか(食い意地?)それからわずか5分足らずで出産。
寝て起きてからの出産の早さは良かったけれど、今考えてもあの陣痛と嘔吐はまさしく地獄絵図。恐怖だったな〜。思い出したくもないくらい。パパもあれは怖かったと言っていた。

* * *

病院に行き、さっきお手洗いに行ったら少し鮮血が出たと説明。
陣痛はあるか?と聞かれたけどおなかの痛みはない。おなかが張っているだけなので痛みはないと言う。

おなかにモニターをつけられると、2分間隔に陣痛があると言われ. . . 。
しかし子宮口は全く開いていないそうでして。

私的には陣痛という感覚はなく、おなかがズッズッズッと上に反り上がるようなおなかの張り、子宮の収縮が気になるくらいで(頻繁ですけども)時々鈍痛があったりなかったり. . . その程度である。
確かにおなかは風船のようにかたく伸縮している。自分でも膨らんでいるのがわかるくらい。パンパンである。

点滴をし、おなかにモニターをつけて赤ちゃんの心音と陣痛の間隔を確認する。2分毎の陣痛。
そのままベッドに横になり、採血や尿検査をして朝になる。当然、この日は寝れず。

点滴をしているものの、おなかも空いているし、喉も乾いているし、痛みこそはないものの、延々とおなかが上へ上へとドッドッドッと反り上がる. . . 延々とそれの繰り返し。この頻繁に起こるおなかが張った感もあり(なんせ2分毎ですから)寝ようにも全く眠れなかった。

そして火曜日の夕方にとろろ昆布汁を飲んだだけである。そりゃおなかも減る。

* * *

日付は変わり、23日水曜日の朝、帰れるかと思いきや、12時間経過した今でもまだまだ陣痛は2分間隔だそうで、更に昨日採取した血液検査にひっかかってしまい、水曜日も病院に泊まる事に。

部屋を移動する。

更にこのままの間隔で陣痛が続いたり、破水や出血があった場合、現在31週5日だけど緊急帝王切開になるかもしれないと言われ. . . ちょっぴりヒヤリ。(汗)

とりあえず火曜日の夜から血は出ていないし、破水もしていないので、ベッドに横になって安静になり、点滴とおなかにモニターをつけて赤ちゃんの心音と陣痛の間隔を確認し続ける事に。

そして超音波検査も。(胎盤や赤ちゃんの確認なども含め)

とりあえず水曜日も様子見で、引き続き点滴、モニター、採血など。

場合によっては今夜帝王切開になるかもしれないので、食事が出来ないのもわかるのだけれど、おなかが空き過ぎて吐きそうになる。

飲み物をくれ、空腹で吐きそうだとナースに催促する。

1日中病院で寝たきりで過ごし、陣痛の間隔もまだ2分毎続くものの破水なし、出血もなし、子宮口は全く開いていないので、水曜日の夜から子宮伸縮抑制剤を6時間毎に投与する事に。

あと、注射(おしり辺りと腕に注射)をしたり。

何がきついって2分毎の陣痛がずっと続いているよりも、おなかが空いて眠れない事の方が辛かった。

とりあえず子宮伸縮抑制剤を6時間毎に服用しながら様子見。

ずっと寝たきりなので血行が悪くならないようにふくらはぎにマッサージ器を付けてくれました。

* * *

24日木曜日:サンクスギビング。

木曜日の朝、今日もまだ帰れません、と言われる。ゲロゲロ。(死語)どっひゃー。

でもこの日初めてシャワー許可を頂く。久しぶりにシャワーを浴びてリフレッシュした。

2分毎の陣痛が24時間経った今でも全く収まる気配がないので、水曜の夜から子宮伸縮抑制剤を6時間毎に服用しながら様子見。

相変わらず点滴、おなかのモニター(赤ちゃんと陣痛)はそのままで、今日も動けないのでベッドの上でTVを観て過ごす。

採血、注射もあり。

25日金曜日:ブラックフライデーと言われる日(私には関係ないけれど)

子宮伸縮抑制剤の効果か、どんどん陣痛の間隔が空いており、更に陣痛が減っていると言われる。この様子だと今日中に帰れるかも、と。また数時間後に様子を見に来ますとの事。

そういえばおなかがそんなに頻繁に張らなくなった。
モニターの紙を見てみると、確かに陣痛の間隔が随分と空いており、比較的なだらかな曲線で陣痛が減っている。

そしてお昼過ぎ、ドクターに今日帰れそうだと告げられる。(嬉)

金曜日の午後2時頃、この数日間の入院生活で初の固形物が出る。(感動)

* * *

この数日間、私が食べていたもの。

病院のアップルジュース、クランベリージュース、水、紅茶、変な味のシャーベットアイス、ジェロ(真っ赤だったりオレンジ、黄色だったりするアメリカのゼリー)、チキンブロス(ただの具なしスープ)

. . . ハイ、以上です。全てLiquid食です。

22日 火曜日:夜入院(ちっ。こんな事になるならたらふく食べておけば良かった)
夕飯を食べておらず、とろろ昆布汁だけを飲んだ自分を悔やむ。昼も何か食べた記憶がない。

23日 水曜日:朝なし、昼(朝ゴハンが出て来なかったので自ら催促した)、夜
24日 木曜日:朝、昼、夜
25日 金曜日:朝、昼(とうとう普通食が!)

上記の取り、丸2−3日水モノばかりでした。

金曜日お昼の初の固形物メニュー:(あまりにも嬉し過ぎて記録。w)
ティラピアとケイパーのレモンソースピカタとマッシュポテト、
ウィートパン1枚(ジャム&バター付き)
バニラプディング
紅茶、牛乳。

嗚呼、あたたかいミールに感動。そして固形物万歳。

ここ数日間の食事で、唯一食べた気がした(個人的に満足した)のがジェロ。(ゼリー)

アメリカ生活中でよっぽど機会がない限りジェロを食べる事もないのだけれど、このジェロがここ数日間の食事の中で一番美味しかった。(大袈裟ですが。)

最後の昼の初の固形ミールのデザートもジェロにしてくれれば良かったのにと思うくらい(甘いバニラプディングでした。)この数日間本当にジェロに助けられました。

夜中空腹のあまり氷とか貰ってガリガリ食べていましたけどね。
やっぱり数日間水分だけの食事だったので、とにかくその中でも断然唯一固形っぽい、食感のあるジェロが美味しく感じたのです。
私の人生でジェロをこんなに食べたのも、ジェロの美味しさに感動したのも初めてでした。
なんせずっとLiquid食でしたから. . . 。

本当にある意味病院内で一人サンクスギビング、食べ物の有り難みを改めて感じた入院生活でした。

* * *

夕方、病院を出て家に帰る。
もう何でも食べていいはずなのに、何を食べたらいいのかわからない。
とにかく体力がない。ずっと寝たきり生活だったのもあり、ちょっと歩くとフラフラ、ゼェゼェ。
わずか数日でこんなに体力がなくなるものなのか?と自分でも驚く。

血液検査や超音波検査をしたものの、もしかしたら胎盤に問題があるかもしれないからという事で、28日月曜日もまた再検査。これから週1でおなかの赤ちゃんのモニターと陣痛間隔モニターを病院で30-1時間確認する事に。

12/1木曜日は定期検診。

おなかの中の次男は先生も苦笑いするくらいガンガン蹴りまくり、暴れまくり、動きまくり、蹴られるたびに私が揺れるくらい非常に元気な子です. . . 。

この数日間ずっと赤ちゃんの心音モニターを付けていたので、延々とおなかの中にいる次男の心音を聞いていたのですが、ドン!ドン!ドコ!ドコ!ともう賑やか。

生命力強く、健康に、そしてたくましく生まれて欲しいな。

* * *

とりあえず私の今の目標は、なるべく正期産で出産したい。ただただそれだけです。

そして何事もなく、母子共に健康に無事に出産を終えたい。

予定日は来年1/21だけれども、もしかしたら早めに生まれる事になるかもしれない上(このままいくと年内の可能性が高いな. . . )今回は帝王切開の可能性も高くなってきたので、とにかく無理せず安静にしないと。胎盤の心配もありますしね。(重要!)

* * *

第1子の時も出産3ヶ月前くらいに同じような事が起こり(その時は完全なる陣痛 でした。痛くてゲーゲー夜な夜な吐き続けたなぁ。)そのまま入院。

妊娠、出産は本当に何が起こるかわからない。命がけ。意地でも大切な我が子を守らないと。

いつ生まれてもいいように名前も決まりましたが(第1子の長男同様、100%パパが決めました。)やっぱり私としては早くても37週以降の正期産で出産したい。

せめて今年の間はゆっくりとママのおなかの中にいて、どうせ生まれるなら来年1/1のめでたい日に生まれてきておくれ. . . 。

本来出産予定日は1/21/2012ですが、調べてみると、

December 31st , 2011 37weeks & 0days~

大晦日から37週なので、12/31以降に生まれてくれれば、まぁ一応正期産の37wという事になりますね。

なので12月は比較的安静に、おとなしく過ごす事になりそうです. . . 。

でもこれも可愛い我が子を守るため!

だけど長男もいるし(クラスやセラピーもあるし)安静にして下さいというのはなかなか難しい。

それに我が家はパパもろくに家にいないほぼ母子家庭状態で育児中。(だけどルーミーはいるという. . . とほほ。)

パパは夜もいる訳でもない。数日間居ないなんて普通。いる方が珍しいくらいである。

なのでなるべく安静にして下さい、って言われても. . . シッターさんを雇わない限りどう考えても無理だろう。

階段上り下りしたりしていますか?と聞かれましたが、いや我が家エレベーターないし、毎日4階を往復していますよ。(4階まで階段50段 x 往復)

アパート内にランドリーもないしね. . . 。

月曜日に再検査ですが息子を連れて行ったらいけないので、うちパパも殆ど家におらず私だけなのですが. . . と言うと、病院は24時間空いているから都合のいい時にいつでも来ていいとの事だったので、1時間だけでもパパがいる時に息子を見て貰い、その間に私は病院でチェック出来たらいいのですがね. . . 。

* * *

嗚呼、どうか次男よ、何も問題なく、健康に元気に生まれてきておくれ。
私は早くあなたに会いたいけれども、まだまだ早過ぎる。
もう少し、あと少し、ママのおなかの中での生活を楽しんで欲しいな。
そして出て来るなら12/31以降でお願いします。(パパはいないけど。)

このホリデーシーズン、一人で出産準備をするつもりが、あやうく次男を出産する所だった。(汗)
イタダキモノ以外まだ何も買っていないので(次男のもの)服なり哺乳瓶なり今のうちに最低限必要なものは買い足しておかないと。まだベッドも買ってない。

そして早めに入院用バッグも作っておかないと、こりゃいつ生まれるかわからないな. . . 。

* * *

過去のインテリア記事はこちらから。

* * *

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外インテリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
[PR]
by tcngczc | 2011-11-26 11:26 | ワタシのモノ・コト
<< イロイロと。 Hviit ★ >>